引越し業者の歴史


今、テレビをつけてみても、様々な引越し業者のコマーシャルなどが流れており、引越し業者を思い浮かべると、実にたくさんの引越し業者を頭に思い浮かべるかもしれません。
それくらい引越し業者の数も多く、人々の生活に密着した存在であることは間違いないのですが、実は、引越し自体を取り扱う引越し業者が誕生したのは、そんな昔のことではないのです。

実は、引越し業者が今のような形態になったのは、昭和50年代頃からだと言われており、それまでは、現在の一般の運送業者のような業者に手伝ってもらって、荷物を運んでおりました。
しかし、もちろん今の引越し業者のようなプラスアルファのようなサービスは一切無く、ただ積み込んで運ぶだけだったようです。

栃木県の宇都宮の不用品回収なら栃木買取センターが長年地域密着でリサイクル業をされており、お客様からの指示も抜群です!

もちろん、荷物の破損や傷なども当時は当たり前のように起こっていたようです。軽トラックのような車にそのまま詰め込んで運ぶという光景が毎日いろいろな箇所で見られたようです。

そのような光景に別れを告げたのが、昭和50年代、第一次オイルショックの時にあたります。当時、不況で運送業者の間でも仕事が激減しており、運送業者は厳しい立場に立たされておりました。
そのような最中、中小の運送業者が集まり、打開策を練るために、引越専門共同組合が生まれ、この引越専門共同組合こそが、現在ある引越し業者の原型を成すものとなりました。

運送業が中心業務だった運送業者が、引越しというジャンルに初めて参入を果たし、コマーシャルをうつことで、徐々に業績を伸ばし、人々の認知を獲得していき、現在の引越し業者のようになっていったのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です