引越し業界の繁忙期


引越し業者の中でも、やはり繁忙期というものがあります。

主に引越し業者の間で、忙しくなるのは、やはり年度の変わり目にあたる3月から4月にかけての時期になります。日本では、年度の変わり目に、進学や就職等の生活環境が変わるので、ある意味当然と言えば当然の結果かと思います。この繁忙期に当たる時期は、もちろん引越しの料金自体も高く設定される傾向にありますし、何よりもみなさん引越しを希望しているので、引越し業者の人手も足りなくなる時期に当たります。

ここで、注意して頂きたいのは、人手が足りないということは、スタッフの割合も日雇いなどのアルバイトスタッフの割合が増えるということを意味します。
もちろん、アルバイトスタッフだからといって必ず、対応が悪いということはありませんが、専門のスタッフに比べると少し不安なところもあると思います。

料金が高くなり、かつスタッフもアルバイトの人が多くなるというのは、少し納得がいかないかもしれません。折角、高い料金を払うのに、専門のスタッフに頼めないのですから。
なので、もし引越しの時期を調整できるのであれば、出来る限り、この繁忙期を避けることをお勧めいたします。

繁忙期を避けるだけで、料金も抑えられ、より丁寧なスタッフの対応が望めるようになります。

また、3月から4月以外の繁忙期は、8月から9月になります。それは、8月は夏休みシーズンに当たりますし、9月は社会人の方々などのお勤めされている方々の転勤のシーズンにあたります。3月から4月よりかは落ついておりますが、やはりこのシーズンもできるだけ避けることをお勧めいたします。
なお、それ以外の時期に関しても、平日よりは週末の方が、週末料金となり割高になりますので、こうした繁忙期を避けた平日に引越しをするのが、本来一番良い引越しのやり方になりますので、みなさん、覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です