引越しするおすすめの時期


引越し業者の間では、3月から4月、または8月から9月など、繁忙期があることは、前回お話いたしました。
また、繁忙期が存在するということは、当然逆に閑散期もあるということです。ここでは、この閑散期について少し触れたいと思います。

閑散期は、繁忙期とは異なり、引越しをする人が少ない、引越し業者にとっては、注文が少ない時期にあたります。
引越し業者にとっては、閑散期といえども仕事を入れなければなりませんので、この時期には各社、様々なキャンペーンや、特権を付けてくれる場合が多くあります。もちろん、値引き等の割合も当然高くなってきます。

一般的ではありますが、1月・6月・11月・12月とった月が引越し業者の間では、比較的ひまな閑散期に当たるといわれています。

この閑散期に引越しをするメリットとしては、先にもあげた通り料金を安く抑えられる傾向にあるということです。場合によっては、繁忙期と閑散期では2倍近く料金がかわってくる場合もあるそうです。

また、もう一つのメリットとしては、より質の高い対応やサービスを受けられる可能性が高いということです。
前回の項目でも触れましたが、繁忙期ではなく閑散期の場合には、引越し業者に入る注文も少ないため、引越しスタッフの人数も余っている場合が多くあります。急遽アルバイトスタッフ等での対応などはなく、しっかりとした社員等の対応を受けられる場合が多くあるということです。

引越しを進めて行く場合には、こうした引越しの時期も非常に大切になってきますので、是非ともここにあげた閑散期を狙って引越しの計画を立てることをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です